IT for Dummies

インターネットってなに?サーバーってなに?データベースってなに?

フルスタックってなに?

フルスタックの構成

  • Application
  • Middleware
  • Database
  • Operating System (OS)
  • Virtual Machine (VM)
  • Server
  • Storage

Application

業務をより円滑に行なっていくためのソフトウェアの機能や、自動化する仕組み。
例)採用プロセス、給与支払いの管理など、業務時代の効率化

Middleware

ハードウェアとアプリケーション、もしくは複数のアプリケーションをつなぐソフトウェア。
OSやハードウェアの違いを吸収させ互換性を高める。
例)Java, Fusion Middlewareなど

Database

ストレージに格納された物理的なデータを、整理、検索、更新、活用しやすくするソフトウェア。データ管理の仕組み。
→ Relational Detabase Managament System (RDMS)
変更があった時、1ヶ所だけ変えるだけで良い(正規化)。
テーブルを合成して仮想で1つのテーブルのようにする。
一時的なものなのでディスクの容量が少なくなる(?)
更新のコストが下がり、処理速度が早くなる。

Operating System (OS)

ソフトウェアとハードウェアとつなぐ
例)Linux, Solaris

Virtual Machine (VM)

ひとつのハードウェアで複数のOSを利用できる。
あたかもハードウェアが2台あるかのように振る舞い、効率的にハードウェアのリソースを使える
→ リソースコントロール

Server

=「特定の機能を供給する専用の装置」 例)ビールサーバ、メールサーバ
=「目の前のPCにはない機能や性能を、ネットワークを軽油して代わりに提供してくれるコンピュータ」
=「サービス(役割の提供)をホスト(間貸し)するコンピュータ」
=「単一のコンピュータが、他のコンピュータに代わって役割を提供するリソースを用意すること」
=「1対多」
例)iPhoneのGoogleMapを介して、地図サーバーに格納された地図データを取得 
→ 地図上にiPhoneのGPS機能で計測した現在位置を表示。

歴史
オフコン・ミニコン:ユーザーがキーボードに情報を入力して、オフコンに司令を出す。実行する処理は全て中央のコンピューターで処理。依頼してきた端末に実行結果を返す。オフコンの機能をみんなで「シェア」する形。誰かひとりが操作を誤ってオフコンを停止させてしまった場合、全てのユーザーがオフコンを使った業務ができなくなった。高額だった。回帰しつつある。
クライアント・サーバシステム:1980〜90年にコンピュータが登場。安価なPCをオンライン化して役割を分担。PCとサーバーの区別がなかった。他のPC経由でプリンターやデータにアクセス。欠点は、⑴リソースの不公平さ⑵サーバー機能が同居しているPCは常に起動していないと使いたい機能が使えないこと。現在は、サーバ専用機を複数のPCで利用するクライアントサーバシステムが一般的。
サーバ専用機;サーバ機能が独立したコンピュータに集約。サーバ経由でプリンターやデータにアクセス。個々のPCからサーバ機に印刷命令を出す。サーバ機能を1台に集約しておけば、24時間365日稼働させるのはサーバ機1台で済む。また、必要な処理のみをサーバに任せているので、万が一サーバが停止しても全ての機能が使えなくなるわけではない。PCでできることは継続して実施できるので、中央のコンピュータに全ての処理を任せるほどのリスクはない。サーバ機を用意し、必要な機能だけをネットワーク経由で利用する形態が多い。

メールサーバ
1) 送信メールサーバ
2) 受信メールサーバ - POPサーバ/ IMAPサーバ
POPサーバ:メールの受信を実行するとメールデータがPCへ直接ダウンロードされ、サーバからは原則なくなる
IMAPサーバ:メールデータ(マスターデータ)は原則サーバに保管され、メールクライアントはサーバに保管されたメールを逐一確認する

ファイルサーバとデータベースサーバの違い
ファイルサーバ:共有専用のデータ保管場所を提供するサーバ
データベースサーバ:データベース(テーブル)という単位の入れ物にデータを蓄積しておくサーバ
どちらもデータの倉庫であるが大きな違いは「取り扱うデータの大きさ」
ファイルサーバが供給するデータは、「ファイル・フォルダ単位」例)Excelファイルやエクセルファイルが格納されたフォルダ 主に人間が用いる
データベースサーバは「ファイル内に記録しているデータ単位」例)Excelファイルと「行単位」で指定してファイルを出し入れできる 主にプログラムが用いる

DHCPサーバ
ネットワークに接続するデバイスにIPアドレスを付与する
DHCPサーバがあればネットワークに接続するだけで自動的にネットワーク設定を行なってくれる
住所を貸し出すレンタルオフィスのようなもの


DNSサーバ
これによりURLをクリックするとウェブサイトを閲覧できる
DNSサーバにIPアドレスやホスト名を問い合わせ、回答をもらう処理を名前解決を呼ぶ
DNSサーバに問い合わせて名前解決する場合は、DNSサーバで名前解決すると呼ぶ
電話番号案内サービスのようなもの

Storage

データが保管・保存される場所 。